本紹介

【書評】残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法、雇われるを辞める。

現代を生き抜くための知恵が詰まっています。多くの人に読んでもらいたい一冊です。

 

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法=”雇われる”を辞める

「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」とは、「雇われること」をやめて個人でビジネスをすることです。

→フリーエージェントといいます。

 

フリーエージェントが法人化したものが、マイクロ法人です。

→マイクロ法人とは「1人社長の法人」のことです。

 

ロングテール(尻尾、ニッチ)時代のビジネスの主役は、恐竜みたいな大企業ではなくて、フリーエージェントとマイクロ法人になります。

ロングテール(英語: the long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること

出典:Wikipedia ロングテール

 

【要訳】残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

身体的な特徴や運動能力の遺伝は、当然のこととされていますが、知能や性格の遺伝については、はげしい抵抗にあい、大っぴらに公言できない状況です。

もっといえば、「精神障害者の子どもは精神障害になりやすい」「犯罪者の子どもは犯罪者になりやすい」などとは、口がさけても言えません。

これらのことは、科学の問題というよりも社会の問題、しいては政治の問題だといえます。

なぜなら、これらを認めることは学校での勉強や企業での研修などは、意味をなさないことを認めることとなり、社会が成り立たなくなる可能性もあるからです。

しかし、あくまでも今現在の社会が成り立たないのであって、その先には全く新しい世界は開けてきそうです。

それがいいのか、悪のかは、また別の問題といえます。

自己啓発は、人がみな無限の能力を持っていて、知能や性格が教育(学習と訓練)によって開発できることを前提にしています。

すでに、遺伝的な影響を教育で変えることはできないという大量のデータが、積み上がっています。

「やればできる」、しかし行動遺伝学は次のように考えます。「やってもできない」と。

もうちょっと正確にいうと、適性に欠けた能力は学習や訓練では向上しないのです。

 

「やればできる」よりも「やってもできない」の方がずっと多い

「やればできる」ことはあるかもしれないけれど、「やってもできない」ことのほうがずっと多いのです。

「好き」を仕事にしたいのなら、ビジネスモデル(収益化の仕組み)を自分で設計しなくてはなりません。

グーグルやアップルやアマゾンやその他さまざまな新時代のサービスが、そのためのインフラを用意してくれています。

 

それを活用して幸福の新しい可能性を見つけられるかどうかは、自分次第です。

 

能力に恵まれた一部の人たちが、その能力を活かして成功を目指すのになんの文句もないですが、誰もがうらやむ成功を手にできるのは限られた人で、我々の大半はロングテールで生きていくほかはありません。

 

市場での居場所が小さくなるほど売上は減るので、それに応じてコストを引き下げなくてはビジネスは成立しません。

その下限は、自分と家族が生きていくための生活費になるります(もちろんサイドビジネスや趣味として「好き」を仕事にすることはできます)。

 

そう考えれば、ロングテールのビジネスは会社ではなく個人のためのものだと理解できます。

 

記事中参考著書

この記事が気に入ったら
いいね !

The following two tabs change content below.
経営コンサルタント・作家・五反田”選書する書店フォルケ”店長。 高校を半年で中退後、2年間の引きこもり期間に古典文学と出会い、人生が変わる。 東京都内での新聞販売店経営を経て、経営コンサルタントに。 世界No.1のスモールビジネスの権威マイケルE.ガーバーより直接教示を受ける。

関連記事

  1. 7種類22分類のビジネモデルから選ぶ”必ず勝てるマーケット”の選…
  2. 本田健氏を構成する、人生における4つのマトリックスバランス
  3. 【無料会員限定】引きこもりでもできる一発逆転起業術
  4. 日本一のFC”ラーメン花月嵐”大竹啓裕「儲かるのはストックビジネ…
  5. 五反田フォルケにて本田健さんとのツーショット 「欲しがると勝ちが逃げる」為末大と本田健が語る人生の本質。
  6. 死を社員に自覚させる、日本でいちばん大切にしたい会社”伊那食品”…
  7. 【ガーバー流】企業の成長を仕組み化する3段階のステップ
  8. 【書評】服部泰宏「採用学」、優秀な人材を確保するための条件。

著者プロフィール


経営コンサルタント・作家・五反田”選書する書店フォルケ”店長。
高校を半年で中退後、2年間の引きこもり期間に古典文学と出会い、人生が変わる。
東京都内での新聞販売店経営を経て、経営コンサルタントに。
世界No.1のスモールビジネスの権威マイケルE.ガーバーより直接教示を受ける。

【詳しいプロフィール】

Free Service


News

PAGE TOP